「自分でできる」をキーワードに、リハビリ専門職である作業療法士の私が、健康情報を発信していきます
Blog
・・・ ・・・

依存症

依存症と家族関係回復のステージ〜ジャクソンの説を参考に〜

依存症では本人の問題だけでなく、家族を巻き込み、家族も危機にさらされることがあります。そのため解決に向けて動く家族への相談や援助も大切になります。今回、依存症と家族関係の回復の段階をについて、文献を参考にまとめていきたい …

依存症と家族関係〜家族システム論から見た機能不全家族〜

依存症と家族の関係を、家族システム論から見ることは、家族がイネイブリング(アディクションを継続可能にしてしまう行為)から降りるため、家族自身の回復のため、子どもの成長を促すためにに必要な知識だと考えられます。今回は、依存 …

依存症、アディクション(嗜癖)の家族問題への介入

依存症、アディクション(嗜癖)に関する家族問題には、暴力・虐待などがあります。今回はその介入について、文献を参考にしながらまとめていきたいと思います。 依存症、アディクション(嗜癖)の家族問題への介入 依存症、アディクシ …

依存症、アディクション(嗜癖)の発見と回復に向けたアセスメントと初期介入

依存症やアディクション(嗜癖)の問題は、いかに発見され、いかに視覚化されるかが重要になります。生活に支障が出ているにも関わらず、なぜ行為を繰り返してしまうのかを悪習慣としてとらえるていく視点が必要になります。今回、依存症 …

依存症、アディクション(嗜癖)に対する援助職に必要なこと

依存症、アディクション(嗜癖)の問題発見、初期介入を行い、次には相談を進めていきます。相談援助において、その特性を踏まえた関わりが重要になります。今回、依存症、アディクション(嗜癖)に対する相談援助の基本姿勢について、文 …

依存症、アディクション(嗜癖)のリハビリテーションにおける動機付け

リハビリテーションプログラムは、確実に効果の出る方法はありません。ナラティブ(語り)や認知行動療法など違った方向性を持つアプローチが存在します。そのなかで、本人の、「何とかしたい」という動機付けを高めていくことが、回復へ …

依存症、アディクション(嗜癖)の回復にはステージ(段階)がある?!

依存症、アディクション(嗜癖)からの回復とは、病気や症状があっても、自分の価値を実感し、その上で自分の希望に沿った生き方を自分から追い求める姿勢がある状態といえます。今回、依存症、アディクション(嗜癖)の回復のステージに …

アルコール依存症の知識:禁酒と断酒の違い

アルコール依存症において、禁酒と断酒の違いについて文献を参考にまとめることにします。アルコール依存症の回復段階を考えたときに、こういった言葉の違いを知識としてもっておくこと、説明できることが大切だと感じたためです。

依存症の基礎知識!脳科学、発達的側面から依存症を理解する!

依存症のリハビリテーションにおいて、生育環境の影響を理解することは重要です。生育歴は対人関係の問題や、援助職との関係にも影響することがあるためです。今回、生育歴に関係する、発達課題と依存症の関係について、文献を参考にまと …

管理人は年収40万UP、年間休日30日増!転職には専門サイト利用がオススメ!*経験、職種、地域、領域などにより異なります

カテゴリー

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © 自分でできるボディワーク All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.