「自分でできる」をキーワードに、リハビリ専門職である作業療法士の私が、健康情報を発信していきます
Blog
・・・ ・・・

脳卒中

脳卒中と摂食・嚥下障害、栄養〜代替栄養を中心に〜

脳卒中者は、摂食・嚥下障害を生じることがあり、栄養補給には経管栄養で栄養カテーテルに繋がれることになったり、点滴を行うなど、QOLの低下に直結します。今回、脳卒中と栄養について、代替栄養を中心にまとめていきたいと思います …

運動失調(協調運動障害)における姿勢や歩行制御能力の問題の捉え方とアプローチの戦略

運動失調は協調性運動の障害ですが、今回は姿勢や歩行制御能力の問題の捉え方と治療の考え方についてまとめていきたいと思います。

運動失調(協調運動障害)における測定障害と運動分解における治療の考え方

運動失調は協調性運動の障害ですが、今回は測定障害と運動分解における治療の考え方についてまとめていきたいと思います。

運動失調(協調運動障害)における運動開始・停止遅延と反復拮坑運動障害における治療の考え方

運動失調は協調性運動の障害ですが、今回は運動開始・停止遅延と反復拮坑運動障害における治療の考え方についてまとめていきたいと思います。

小脳における運動の調節と運動学習はどのように行われるか?

小脳は、運動調節や運動学習に関わりますが、実際にはどのような経路を経て、どのような情報のやり取りが行われているのでしょうか。今回、小脳における運動の調節と運動学習はどのように行われるかについてまとめていきたいと思います。

小脳の機能解剖と脳画像の読み方!失調症状はなぜ起こるのか!

小脳が損傷を受けると、失調症状が生じます。しかし、失調症状は小脳の問題だけではなく、他の部位の損傷によっても生じることがあります。今回、小脳の機能解剖と脳画像の読み方や失調症状はなぜ起こるのかについてまとめていきたいと思 …

注意機能障害は歩行に影響する?注意機能と移動能力、転倒の関係を解説!

高齢者、脳卒中片麻痺者などにおいて、注意機能の低下があると歩行能力に影響があると言われています。今回、注意機能と移動能力、転倒の関係性をまとめていきたいと思います。

歩行の評価指標「Dynamic gait index」の概要と評価方法、結果の解釈

歩行の評価指標の一つに、Dynamic gait indexがあります。今回、Dynamic gait indexの概要と評価方法、結果の解釈についてまとめていきたいと思います。

脳卒中片麻痺と立位バランス!非麻痺側(健側)下肢荷重と姿勢アライメントについて!

脳卒中片麻痺の対象者のトイレ動作の自立を妨げる要因として、立位バランス能力の低下があります。麻痺側下肢の筋出力が発揮、維持できれば立位バランスはコントロールされやすいですが、そうでない場合、非麻痺側(健側)を中心とした戦 …

脳卒中片麻痺者に対する上肢機能訓練における物品選択と難易度設定!

先日、竹林先生のCI療法の講習会に行き、その中で物品選択と難易度調整についての話がありましたので、覚え書きとして、記録しておくことにします。

1 2 3 6 »

管理人は年収40万UP、年間休日30日増!転職には専門サイト利用がオススメ!*経験、職種、地域、領域などにより異なります

カテゴリー

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © 自分でできるボディワーク All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.