変形性膝関節症の方において、歩行での特徴にはラテラルスラストがあります。今回は、ラテラルスラストが起こる原因や、内反制動に関与する筋肉について、まとめていきたいと思います。

膝O・Aでラテラルスラストが起こる原因、内反制動に関与する筋肉

歩行のバイオメカニクスについてもっと学びたい方は

 

変形性膝関節症の歩行とラテラルスラストについて

変形性膝関節症の方では、歩行においてラテラルスラストが見られます。
ラテラルスラストは、膝関節が内反することをさします。

変形性膝関節症では、歩行の立脚初期において膝関節の内反が観察されます。
このラテラルスラストは、実は健常者においても見られるものです。
では、健常者と変形性膝関節症の方では、どのような違いがあるのでしょうか。

健常者では、立脚初期においてラテラルスラストが約5°程度起こりますが、立脚中期までの間で0°に戻るという特徴があります。
一方、変形性膝関節症の方では、立脚初期でラテラルスラストが起こると、その後も膝関節が内反したままになっていることが特徴です。
つまり、変形性膝関節症の方では、立脚初期から立脚中期までの間に膝関節の内反を元に戻せないことが問題になることがわかります。

変形性膝関節症の方の歩行において大切なことは、立脚初期にラテラルスラストした後に、足底接地から立脚中期までにどの程度、膝関の節内反を戻せるかということがポイントになります。

 

【スポンサーリンク】

変形性膝関節症の内反ストレスと健常者の内反ストレスの違い

変形性膝関節症の方と、健常者では、膝関節内反によるストレスに違いがあります。
この違いが、症状を悪化させる要因にもなっています。

前途しましたが、立脚初期には変形性膝関節症や健常者もラテラルスラストが起こるため、ストレスにはあまり違いはないと考えられます。
しかし、立脚中期までに膝関節の内反を戻せるか戻せないかに違いがあることから、その相でのストレスに大きな違いがあります。

健常者では、立脚中期においての膝関節内反ストレスは最小になりますが、変形性膝関節症の方では立脚中期において最大となります。

 

どうやって膝関節内反を制動するのか

変形性膝関節症の方にとっては、歩行における膝関節内反を制動することが最大のポイントになります。
では、どのようなメカニズムによって膝関節の内反を制動しているのでしょうか。

膝関節内反を制動する、受動的な要素としては、腸脛靭帯が考えられます。
腸脛靭帯は、大腿筋膜張筋や大殿筋の活動により、多少その緊張を高めることはできますが、受動的な要素であることから、積極的に膝関節を中間位にもっていくには不十分です。

そのため、膝関節の内反に対しては、筋活動による制動が必要になります。
膝関節内反の制動をする筋肉として、ハムストリングスや大腿筋膜張筋があります。
しかし、これらの筋肉はその作用から考えても歩行にとっては有用になる筋肉ではありません。

大内転筋

健常者では、膝関節の内反制動に大内転筋を用いています。
大内転筋は、立脚初期から立脚中期までの間に、股関節を伸展させながら内転させる働きがあります。
大内転筋は、坐骨結節から起始し、内側上顆に停止するため、膝関節の内反制動にも作用します。
変形性膝関節症の方では、大内転筋の筋活動が見られにくくなります。

大殿筋下部繊維

また、大殿筋も内反制動に関与しています。
大殿筋には上部繊維と下部繊維がありますが、内反制動に関与するのは大殿筋の下部繊維になります。
大殿筋下部繊維の作用は、股関節の伸展と内転です。
踵接地における外側に対するブレ、ずれを膝関節を伸展しながら大殿筋下部繊維で戻しています。

前脛骨筋、後脛骨筋

足関節に作用する筋も膝関節の内反制動の役割を有しています。
足関節の内反、外反についてですが、変形性膝関節症の方では、その動きがほとんどみられないことが知られています。
健常者では、立脚初期に足関節内反の動きが見られ、立脚中期に向けては足関節外反の動きが見られます。
踵接地の際には前脛骨筋の働きがあり、足底接地直後からは後脛骨筋の働きが見られます。
この2つの筋の作用は、CKC(Closed Kinetic Chain)において、外側に傾斜している脛骨を真っ直ぐな位置に引っ張る働きがあります。

 

【スポンサーリンク】

変形性膝関節症に適した筋力トレーニングとは

変形性膝関節症においては、いかに膝関節の内反をつくらせないかがポイントになることが今までのことによりわかってきました。
トレーニングにおいて、よく大腿四頭筋のトレーニングが選択されますが、大腿四頭筋は膝関節内反を制動する筋肉ではありません。
そのため、対象者の方にとって、何が問題かによりトレーニングする筋肉について検討する必要があると考えられます。
もちろん、歩行では大腿四頭筋は膝関節が崩れない程度に活動はしています。

膝関節内反を制動する、大内転筋、大殿筋下部繊維、前脛骨筋、後脛骨筋の筋力トレーニングも選択されるべきものとして挙げられるといえます。

ブログには書けない裏話、更新通知、友だち限定情報などを配信(完全無料)!まずは友だち追加を♪ 友だち追加