指で物をつまむような細かい動きには、屈筋、伸筋、手内筋といった筋肉の緊張と力のバランスが重要になります。
今回、指関節を構成する筋群とつまみ動作の関連について、文献を参考にしながらまとめていきたいと思います。

指のつまみ動作の特徴ー解剖・運動学的視点から分析するー

参考文献

 

指尖つまみ

指のつまみ動作の中で、最も巧緻性が高い運動になります。
指尖つまみは、つまようじや針のような細かい物をつまみあげたり、腕時計の細かいネジをまくような時にもちいる動作です。
母指と他の指を高度な協調性も保ちながら動かす必要があり、指の全可動域が保たれている事が重要です。また爪による支持作用も大切です。
主に関わっている筋肉は、長母指屈筋や深指屈筋、浅指屈筋で、母指球筋や示指の内在筋MP関節の固定のために働いています。
正中神経麻痺のスクリーニングテストのPerfect O signで指尖つまみが用いられます。なおこのテストが陽性の場合、IP関節が屈曲できなくなり、母指内転による代償運動が見られます。

手指の関節可動域が狭小化すると、手指の巧緻動作を制限し、細やかな手指の動きが困難となるため、関節可動域を維持することが重要になります。
手指の関節可動域訓練や巧緻動作訓練については、以下の記事を参照してください。
指の動き・痛み解消のための手指ROM訓練:PIP関節編

指の動き・痛み解消のための手指ROM訓練:MP関節編

指の動き・痛み解消のための手指ROM訓練:CM関節編

巧緻動作障害に対するリハビリテーションの実際

 

指腹つまみ

指腹つまみは日常生活において最も使用頻度が高いつまみ動作といえます。
指腹つまみは指尖つまみよりも強い力を発揮することができ、力のコントロールも可能です。
指腹つまみは安定性が確保しやすく、様々な手作業で使用することができます。
指腹の感覚機能は高度に発達しているため、巧緻性が高く要求される動作においても対応が可能になっています。
指尖つまみよりも内在筋の働きがより重要で、主に母指球筋(短母指屈筋、掌側骨間筋、短母指外転筋、母指内転筋)、浅指屈筋の筋力が重要になります。
日常生活上では、示指と母指の指腹つまみよりも、示指、母指、中指の3指つまみの方が力が発揮しやすく、実用性も高いと言えます(ペットボトルの蓋を開ける時には3指つまみ)。そのため、ピンチ力は3指つまみで計測する事が大切だと思われます。
尺骨神経麻痺のスクリーニングテストのFroment signで指腹つまみは用いられ、このテストが陽性の場合、母指IP関節で屈曲が見られます(正常では母指が強く内転)。

関節リウマチなどによる手指の変形では、つまみ動作に困難さが生じます。
手・手指変形の解剖・運動学的解釈ー関節リウマチを中心にー

日常生活では、高度なつまみ動作により、箸操作が行われます。
脳卒中片麻痺者の箸操作獲得に必要な要素とリハビリ法(自主トレ含む)

【スポンサーリンク】

 

横つまみ

つまみ力が最も弱い動作です。日常生活上ではたばこを把持する際に用います。
たばこを吸う際には示指と中指にて行いますが、この動作では手指の伸筋群がMP・IP・PIP関節を伸展位に保ちながら、MP関節の運動として示指内転(第一掌側骨間筋)と中指の橈側外転(第二背側骨間筋)を中心として筋活動が起こります。
母指と示指で行う場合、尺骨神経麻痺により母指内転筋が麻痺している場合は、長母指屈筋が代償します。

鍵つまみ(側腹つまみ)

つまみ動作の中で最も強い力を発揮することができます。
日常生活上では、コインや鍵把持する場合に見られることが多いです。また、指尖、指腹つまみが行えない場合、代償的に側腹つまみとなることがあります。
この動作では、第一背側骨間筋によるMP関節での内転を防ぐための、示指MP関節の外転の等尺性収縮が必要となります。主な動筋は第一背側骨間筋、長母指伸筋、母指外転筋などです。
尺骨神経の損傷で第一背側骨間筋が麻痺を起こすとつまみ動作が困難となります。
指尖、指腹つまみは正中神経支配の筋肉による運動ですが、鍵つまみ(側腹つまみ)は正中神経、尺骨神経の2つの神経支配の筋肉による作用で行われています。

複合的な動き

示指による指差し動作はかなり複雑な動きであり、各指での作用が異なっています。屈曲、伸展、外転、内転など、様々な動きと筋の働きにより成り立っています。

つまみ動作の検査

つまみ動作の検査のひとつに、簡易上肢機能検査(STEF)があります。
詳しくは以下の記事もご覧ください。
簡易上肢機能検査(STEF)を臨床につなげる観察ポイント

手指外在筋、手内筋の短縮検査、短縮と拘縮を見分ける方法

【スポンサーリンク】