コース立方体テストは、構成障害の程度を評価する際に用いられますが、元々は一般知能(知的の全ての課題に影響する因子)を測定する検査になります。今回、コース立方体テストの結果の解釈と、脳の各領域別の取り組み方の違いについて、文献を参考にしながらまとめていきたいと思います。

コース立方体テスト(目的、方法、IQ算出、結果の解釈)と、頭頂葉・後頭葉、前頭葉領域障害による取り組み方の違い

引用・参考文献

コース立方体組み合わせテスト使用手引き

高次脳機能障害を学びたい方にオススメの書籍

 

読んで損なし!各高次脳機能障害の評価とリハビリテーションについての記事一覧

失行の理解と評価、リハビリテーションアプローチ

前頭葉損傷(遂行機能障害)に対する評価と作業療法、リハビリテーションアプローチ

半側空間無視の病態理解と評価、リハビリテーションアプローチ

記憶障害の詳しすぎる評価法やリハビリテーションアプローチを紹介

コース立方体テストの目的

コース立方体テストは、示された見本を見ながら、複数の立方体を組み合わせて見本通りの図柄に構成していく課題です。
テスト所要時間は20分から50分で、平均35分を要します。17種類の模様図と16個の立方体を用い、17の下位テストからなります。所要時間と何番目までできるかを測定し、知能指数を算出します。
その過程では、図柄の完成という目的達成のために課題解決能力を使いながら、「あ〜でもない、こ〜でもない」と自問自答する能力(自己批判)も必要です。
課題では分析力、比較力、考える力、識別力、判断力、のような能力を把握する目的があります。
テストを通して、構成障害の要素を評価することにも使用されることがあります。
構成障害の評価法や考え方には以下のようなものもあります。
構成障害に対するリハビリテーションアプローチ

構成課題における誤りの分類と構成障害のメカニズム(病巣との関係)

構成障害と評価、解釈ー構成が崩れる要素とはー

 

実施方法と実施上の注意点

基本的に、テスト中には色の名前や並べ方は教えることはできません。説明を行うことができないわけです。
練習が1回でできなければ、3回繰り返し、それでもできない場合にはテストを受けることができません。
実施中、制限時間内で、もし間違って並べた時には、「この辺がおかしいですね」と指摘しますが、どう並べたらよいかは教えてはいけません。
次の問題に進む時には、並べた積み木をバラバラにする必要があります。

高次脳機能障害の検査をする上での全体的な注意点については以下の記事を参照してください。
高次脳機能検査を行う際に注意しておきたいこと!
構成障害とコース立方体組み合わせテスト!実施方法と注意点!

採点方法と知能指数(I.Q.)の算出と平均値(換算表)

得点

精神年齢

IQ

得点

精神年齢

IQ

得点

精神年齢

IQ

0

5〜3

 

44

11〜8

72

88

14〜11

92

1

5〜7

34

45

11〜9

73

89

15〜0

93

2

6〜0

37

46

11〜10

73

90

15〜0

93

3

6〜3

39

47

11〜11

74

91

15〜1

94

4

6〜6

40

48

12〜0

75

92

15〜2

94

5

6〜9

42

49

12〜1

75

93

15〜3

95

6

7〜0

43

50

12〜2

76

94

15〜4

95

7

7〜3

45

51

12〜3

76

95

15〜5

96

8

7〜6

46

52

12〜4

77

96

15〜6

96

9

7〜8

47

53

12〜5

77

97

15〜7

97

10

7〜10

49

54

12〜6

78

98

15〜8

97

11

8〜0

50

55

12〜7

78

99

15〜9

98

12

8〜2

51

56

12〜8

79

100

15〜10

98

13

8〜4

52

57

12〜9

79

101

15〜11

99

14

8〜5

52

58

12〜10

80

102

16〜0

100

15

8〜7

53

59

12〜10

80

103

16〜1

100

16

8〜9

54

60

12〜11

80

104

16〜2

101

17

8〜10

55

61

13〜0

81

105

16〜3

101

18

9〜0

56

62

13〜1

81

106

16〜4

102

19

9〜1

56

63

13〜2

82

107

16〜5

102

20

9〜3

57

64

13〜3

82

108

16〜7

103

21

9〜4

58

65

13〜4

83

109

16〜8

104

22

9〜6

59

66

13〜5

83

110

16〜9

104

23

9〜8

60

67

13〜6

84

111

16〜10

105

24

9〜9

60

68

13〜6

84

112

16〜11

105

25

9〜11

62

69

13〜7

84

113

17〜1

106

26

10〜1

63

70

13〜8

85

114

17〜2

107

27

10〜2

63

71

13〜9

85

115

17〜4

108

28

10〜3

64

72

13〜9

85

116

17〜5

108

29

10〜4

64

73

13〜10

86

117

17〜6

109

30

10〜5

65

74

13〜11

86

118

17〜8

110

31

10〜7

66

75

14〜0

87

119

17〜9

110

32

10〜8

66

76

14〜1

88

120

17〜10

111

33

10〜9

67

77

14〜1

88

121

18〜0

112

34

10〜10

67

78

14〜2

88

122

18〜2

113

35

10〜11

68

79

14〜3

89

123

18〜3

114

36

11〜0

68

80

14〜4

89

124

18〜5

115

37

11〜1

69

81

14〜5

90

125

18〜7

116

38

11〜2

69

82

14〜6

90

126

18〜9

117

39

11〜3

70

83

14〜7

91

127

18〜11

118

40

11〜4

70

84

14〜7

91

128

19〜1

119

41

11〜5

71

85

14〜8

91

129

19〜3

120

42

11〜6

71

86

14〜9

92

130

19〜7

122

43

11〜7

72

87

14〜10

92

131

19〜11

123

18歳以上の対象者のみ有効となりますが、早見表です。得点からI.Q.がわかるようになっています。
IQの平均値は100で、85から115の間に約68%の人が収まり、70から130の間に約95%の人が収まるといわれています。

【スポンサーリンク】

 

視空間失認とコース立方体テスト

視空間失認では色の識別は行えますが、空間関係の障害により、各ブロックどうしの関係性を把握することが難しくなります。

構成障害と左右半球障害の違い

この検査では、構成障害を発見できることがあります。
その際には、時間制限なく行わせ、どのように取り組んでいくかを観察することにより評価が行えます。
右半球障害では、左半側無視の影響が大きくなります。
左半球障害では、構成可能でも雑であったり、構成の誤りを指摘すると修正できること挙げられます。

高齢者の知能測定

コース立方体テストは、ほとんど言葉を介さない検査で、実施時間も短く、高齢者の負担が少ない知能検査といえます。
このテストは、WAISの動作性検査との相関が高い(言語性検査、全検査相関)とされています。
高年齢ほど得点減少の傾向があります。

頭頂葉ー後頭葉領域障害による特徴

意欲、発動性、分析力はあり、図式の作成も行えます。
空間的操作において、誤りを認識していますが、手本通りに立方体を置くことができず、模様の部分がどの方向を向いているかがわからなくなります。結果と手本の比較と誤りの訂正は可能です。

前頭葉領域障害による特徴

この領域では分析されずに取り組み(手本を見ない)、計画性に欠け、誤りにも気づかないで修正作業もなされないというような特徴があります。
障害に対する認識が薄いため、このようなことが起こると考えられます。

【スポンサーリンク】

 

ブログには書けない裏話、更新通知、友だち限定情報などを配信(完全無料)!まずは友だち追加を♪ 友だち追加