膝関節の手術には、TKA、UKA、HTOなどがあります。今回、人工膝関節全置換術(TKA)と術後の痛み、リハビリテーションについて、文献を参考にまとめていきたいと思います。

 人工膝関節全置換術(TKA)と術後の痛み、リハビリテーション

文献

人工膝関節全置換術(TKA)

人工膝関節全置換術(TKA)は、変形性膝関節症や関節リウマチなどによる膝の変形に対し、膝関節の表面を削り、人工の大腿骨、脛骨、膝蓋骨をそこにかぶせる手術方法になります。
人工膝関節全置換術(TKA)により、痛みを取り除くことを一番の目的にしています。

人工膝関節全置換術(TKA)では、高度の変形に対応し、内外側の関節症変化、前十字靭帯不全、術前可動域不良に適応されます。
禁忌としては、沈静化していない感染、コンタクトスポーツやランニングです。

人工膝関節は15〜20年程度使用できるとされています。
現在では20年以上の耐用年数もあるとされています(使い方にもよる)。
過去では手術は比較的高齢の方に行われていましたが、現在では50歳代の方にも手術を行う場合もあるようです。

 

人工膝関節全置換術(TKA)術後の満足、不満足の要因

人工膝関節全置換術(TKA)を受けた方の満足、不満足を決定する要因として、年齢、性別、BMIは満足度に関係ないとされています。
不満足患者は、術前よりも膝屈曲角度や痛み、膝関節の機能が改善していない場合にとなります。
機能が保たれている膝関節ではTKAは不満足となる傾向もあるようです。

【スポンサーリンク】

 

術前リハビリと術後の関係性

人工膝関節全置換術(TKA)の一番の目的は痛みをとることで、関節可動域を改善することではありません。
そのため、膝関節の可動域が膝を痛める前の状態にまで改善しないことがあります。

術後の関節可動域は術前の状態に影響されます。
術前は関節周囲の筋肉や関節包は硬い状態であり、術後もその状態は変わりません。
そのため術前以上に関節可動域は改善しにくいといえます。

手術後に関節可動域を十分に得るためには、術前に筋肉や関節包の柔軟性を得ておくことが必要になります。
術後の関節可動域は術前の状態と関係があるとの報告があります。
また、術前に強い筋力がある、運動習慣がある者では早い段階で杖歩行を行えるようになるとの報告もあります。

人工膝関節全置換術(TKA)と術後の痛みの原因とリハビリテーションのポイント

術後の痛みの原因としては主に3つあります。
膝関節には周囲に軟部組織が少なく、術後の出血が吸収されにくいために、炎症反応(熱感、発赤、腫脹)が長引きやすいことが挙げられます。
膝関節の動きに伴い、滑膜組織などが膝蓋骨と大腿骨の間に挟まる、引っかかるなどして痛みが生じます。
新しい人工関節を昔の筋肉や関節包で動かすため、膝周囲の筋肉に負担がかかり、痛みが生じやすくなります。

術後の痛みに対するリハビリテーションでは、膝周囲筋や関節包の柔軟性出すことに加え、人工関節の新しい使い方を学習することが大切です。
そのためには、膝のみではなく、股関節や足関節、体幹などを含めた体全体の使い方を評価、指導する必要があります。

人工膝関節全置換術(TKA)と日常生活

人工膝関節全置換術(TKA)では、術後に人工関節に強い衝撃を与えることは避ける必要があります。
体重の増加や重たい物を持つことによる膝への負担も避けます。

人工膝関節は140度程度曲がる構造になっており、術前の可動域がしっかりしており、術後に可動域を十分獲得できれば、正座や和式便所での動作も可能になります。
担当医師への確認をしながら可能な動作を選択していく必要があります。

転倒により膝関節を強打すると関節周辺の骨折が起こることがあります。
それにより人工関節のゆるみが出てしまい、人工関節を抜かなければならなくなる可能性もあります。

【スポンサーリンク】

 

ブログには書けない裏話、更新通知、友だち限定情報などを配信(完全無料)!まずは友だち追加を♪ 友だち追加