レーヴン色彩マトリックス検査(Raven’s Colored Progressive Matrices Test:RCPM検査)は、知的機能検査の一つで、重度失語症にも適応可能な非言語性テストです。今回、レーヴン色彩マトリックス検査の概要と使用方法、結果の解釈について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

ブログには書けない裏話、更新通知、友だち限定情報などを配信(完全無料)!まずは友だち追加を♪ 友だち追加

レーヴン色彩マトリックス検査の概要と使用方法、結果の解釈

引用・参考文献

読んで損なし!各高次脳機能障害の評価とリハビリテーションについての記事一覧

失行の理解と評価、リハビリテーションアプローチ

前頭葉損傷(遂行機能障害)に対する評価と作業療法、リハビリテーションアプローチ

半側空間無視の病態理解と評価、リハビリテーションアプローチ

レーヴン色彩マトリックス検査の概要

 

レーヴン色彩マトリックス検査は、失語症や認知症の方にも適応可能な、知的機能検査です。知的機能の中でも、特に推理能力が関与する検査になります。
スピアマンの一般知能g因子(知能がは働く時すべてに共通する因子(一般因子))の測定のために開発された経緯があります。
45歳以上の適応となり、所要時間は10〜15分、0〜36点の範囲で得点が算出されます。
非言語性の検査であり、文化的背景の影響を受けず、また精神的・心理的負担も少なく実施できることが特徴です。
実施の簡便さと短時間で実施可能なこと、採点も時間がかからず分析も行いやすいことから、知的機能のスクリーニング検査として有用となります。
同じ非言語性の知的機能検査としてコース立方体組み合わせテストがあります。
コース立方体テスト(目的、方法、IQ算出、結果の解釈)と、頭頂葉・後頭葉、前頭葉領域障害による取り組み方の違い

関連記事
WAIS-R、WAIS-Ⅲの概要と下位検査項目の質的分析

レーヴン色彩マトリックス検査の使用方法

問題は全部で36問あり、標準構成図案に合うものを6つの図形の中から1つだけ選択してもらいます。
3つのセットがあり、セットAでは連続した模様の同一性と変化についての理解を推論が求められます。
セットBでは各図形の空間的に関連した全体としての理解を推論が求められます。
セットCでは空間もしくは論理的に関連した図形の相似的な変化について推論が求められます。

高次脳機能障害の検査をする上での全体的な注意点については以下の記事を参照してください。
高次脳機能検査を行う際に注意しておきたいこと!

【スポンサーリンク】

 

レーヴン色彩マトリックス検査の結果の解釈

年齢別の平均点と標準偏差は以下のようになります。

年齢

平均値(標準偏差)

45〜49

34±2.03

50〜59

34.2±2.13

60〜69

29.2±5.40

70〜79

26.9±5.40

80〜89

24.9±5.27

レーヴン色彩マトリックス検査の成績は、認知症以外では失語症や半側空間無視よりも、構成障害の影響を受けやすいと言われています。

 回答は口頭反応や指差し反応で可能であり、直接的な構成動作は必要としないことから、RCPM検査の解決には、外界刺激(刺激材料の)”受動的”な視空間的処理(例えば半側空間無視による見落としなど)や構成動作の遂行手順のプログラム自体よりも、空間形態をより”能動的”で”心的(イメージ的)”に構成する能力が必要であるとされている。

よくわかる失語症と高次脳機能障害 P312

構成能力は知的能力(特に非言語性で流動性の知的能力)と関連があり、認知症や加齢による構成能力の低下と、構成能力が特異的に困難になっている構成障害とを鑑別することが結果の解釈には必要になります。
構成障害については以下の記事も参照してください。
構成課題における誤りの分類と構成障害のメカニズム(病巣との関係)

構成障害と評価、解釈ー構成が崩れる要素とはー

健常児のデータも文献にありましたので参考にしてください。

学年

平均点(標準偏差)

2年

29.5±5.6

3年

30.4±4.8

4年

32.3±4.4

5年

32.9±3.7

6年

33.0±3.8

【スポンサーリンク】